Blog&column
ブログ・コラム

相続した建物を賃貸物件にするメリットとは?]

query_builder 2021/08/01
コラム
17

「相続した建物を賃貸物件として貸し出し、家賃収入を得たい」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、建物を賃貸物件にするメリットについてご紹介します。

▼相続した建物を賃貸物件にして得られるメリット
相続した建物を賃貸物件にすることによって、いくつかのメリットが生まれます。
■家賃収入が得られる
戸建ての建物なら、戸建て賃貸物件として入居者を募ることで、毎月家賃収入が得られます。
建物というのは、人が利用しなくなるとたちまち傷んできますので、傷みを避けるためにも効果的です。
入居者がいれば、家の手入れは住人がやってくれますので、建物の劣化を遅らせられる点がメリットと言えます。

■新たなコミュニティが生まれる
所有する建物を賃貸物件として貸し出す以上、どうしても入居者や周辺の人たちと関わることになるでしょう。
これまで交流のなかった人たちとも、不動産の持ち主として交流しなければなりません。
積極的に交流することによって、責任ある大家さんという印象を持たれるだけでなく、新たなコミュニティに加われるのもメリットですね。

不動産会社との繋がりができる
相続した建物を賃貸物件として貸し出すには、不動産に関する知識がないと難しいと言わざるを得ません。
そんな時は、不動産会社に相談し、間に入ってもらうのがおすすめです。
信頼できる不動産会社なら、賃貸物件の管理や、入居者探しまで、いろいろと相談に乗ってくれます。
すでに不動産会社とのつながりが出来上がっていれば、売却したいとなった時にスムーズに事が運ぶのもメリットです。

▼まとめ
相続した建物の使い道に困っているのなら、思い切って賃貸物件に活用してみるといいですね。
ただ、賃貸物件の事業主としてやっていくには、信頼できる不動産会社とのつながりがあった方が安心できます。
弊社は、建物を賃貸物件として活用したいといったご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 新規分譲開始!!アイホームタウン守口市寺方元町

    query_builder 2021/06/19
  • 守口市寺方元町近日分譲予定

    query_builder 2021/05/31
  • 新築物件の選び方のコツについてご紹介

    query_builder 2021/10/22
  • 不動産会社にはどんな種類があるのか?

    query_builder 2021/10/15
  • 土地売却の流れについてご紹介

    query_builder 2021/10/08

CATEGORY

ARCHIVE